睡眠の大切さと寝具を見直す理由

睡眠の大切さと寝具を見直す理由

睡眠の大切さと寝具を見直す理由

睡眠の大切さと寝具を見直す理由人生の3分の1は「睡眠」と言われているほど、私たちの生命活動にとって重要な習慣です。

 

しかし、現在では睡眠不足の人が増えています。

 

また、十分に睡眠時間をとったつもりでも、疲れがとれないこともあります。

 

私たちは寝ている間に細胞などの修復作業やホルモン分泌が行われ、体の健康のために睡眠は大切です。そして、腰痛も睡眠が関わっています。寝ているときの姿勢、寝るときに使っているマットレスが原因で、腰痛がひどくなることもあると言います。

 

睡眠の大切さから、寝具を見直し、睡眠環境に投資する方も増えています。体が健康で腰痛などのトラブルがなく、単純に熟眠感がない方には低反発マットレスが向いていますが、腰痛に悩んでいる人には高反発マットレスが向いています

 

昔は腰が痛いときはせんべい布団が良いと言われていましたが、それは少し古い考えで、今は腰痛対策のために作られた高反発マットレスがあります。

 

また、肩こりがひどいときには枕も重要です。枕の高さが合っていないと、腰痛と同じように肩こりがひどくなります。頭と頸椎が自然な湾曲であることが理想的なので、ちょうどいい高さの枕が望ましいのです。

 

枕も今ではさまざまな種類があり、肩こりや首こり、いびきに悩んでいる人には高反発がおすすめです。いびきについては、高反発ではなくても、高さのある枕にすると軽減できます。

 

寝具の他に、寝るときの環境も見直しましょう。まず、光や音です。光が入ると、寝ていても光を浴びることによって脳が刺激されやすいため、なるべく暗い環境にしてください。音も騒音は睡眠の邪魔になります。

 

次に、温度や湿度です。温度は33℃、湿度は50%くらいが理想的です。寝ている間に汗をかいたり、湿度でマットレスに湿気が溜まることもあるので、湿気に強いマットレスや、除湿シートなどを使うようにしましょう。

▲TOP