低反発マットレスの特徴

低反発マットレスの特徴

低反発マットレスの特徴

低反発マットレスの特徴数年前に一大ブームになった「低反発マットレス」

 

寝心地が良いことで人気を集めていましたが、そもそもNASAが宇宙飛行士のために開発したものです。

 

ロケットの中で重力を吸収するために、低反発が生まれました。

 

その低反発マットレスが一般にも流通し、多くの方が利用されています。反発力がとても低いため、手でグッと押すと、しっかり沈みます。手を離したとき、沈んだ状態からゆっくりと元の状態に戻るのが特徴的です。寝たときも体が自然と沈み、包み込まれているような感覚があります。

 

マットレスの素材は商品にもよりますが、ほとんどの場合、ウレタンを使用しています。ちなみに、ウレタンフォームもNASAが開発しています。

 

低反発の良さが広まり、今ではマットレスのみならず、枕や座布団などの商品も展開されています。

 

低反発マットレスは体重に合わせるように沈み、ゆっくりと戻る仕組みになっているため、寝返りの回数が減ります。そのため、睡眠時間を確保しても熟睡できないなどの睡眠障害を感じている人にはメリットがあり、口コミでも低反発マットレスを使い始めてから熟睡できるようになったなどの感想があります。

 

ちなみに、低反発マットレスの一般的な厚さやお手入れの方法についてですが、厚さは商品にもよりますが、大体5cm〜15cmが一般的になっています。

 

私も以前、低反発マットレスを使っていたことがありますが、そのとき使っていたものが厚いもので、寝心地はよかったです。ただ、一般的には厚すぎず薄すぎないちょうどいい厚みが理想とされています。

 

次にお手入れですが、一般的に丸洗いできるものは少なく、定期的に陰干しします。日当たりのいいところで干した方が良いイメージですが、品質に影響することがあります。

▲TOP